你的健康,我們在乎

        • 人物專訪

        • 你需要知道的

        • 熱門推薦

  • 認識勝美
  • 會員註冊/登入
搜尋
Close this search box.
搜尋
Close this search box.

日本九州見學之旅

宜蘭小農食譜

株式会社NEIGHBORHOOD

我們從還沒來宮崎之前一直都期待拜來拜訪柑橘農場【NEIGHBORHOOD】,NEIGHBORHOOD不僅生產他們自己的柑橘,還與其他柑橘農家合作,進行出口和加工品的開發
以前から楽しみにしていた、みかん農家【NEIGHBORHOOD】への訪問見学。
【NEIGHBORHOOD】では自産のみかんのみならず、他のみかん生産者とも連携し、輸出・加工品開発を行っている。

“美國的子公司是在倉庫裡創業,沒有掛招牌的情況下快速成長”

此外,他們還為不合規格但還能食用的的柑橘,像是有缺陷、撞傷或是賣相不佳的柑橘,開發了「新鮮榨柑橘汁」,而且大受歡迎!
【NEIGHBORHOOD】では自産のみかんのみならず、他のみかん生産者とも連携し、輸出・加工品開発を行っている。
更には傷ものなどの規格外品みかんの廃棄を解決するため、「まる搾りみかんジュース」 を開発し、大ヒット。
【NEIGHBORHOOD】社長 田中伸佳先生,在我們心中像是柑橘產業的英雄一樣,身穿印有公司標誌的運動外套,面帶少年般的微笑,熱情地歡迎我們
 
そんな、みかん産業の救世主ともいえる【株式会社NEIGHBORHOOD】社長・田中伸佳さんは、胸にロゴの書かれたパーカーを着て、少年のような面持ちでニコニコと私たちを迎え入れた。

新鮮柑橘汁(まる搾りみかんジュース)
不只含有著清新的甜味還能嚐到細緻處理後的果肉,口感與味道讓人回味無窮

來到【NEIGHBORHOOD】公司,眼前只有一座座的大倉庫,和擺滿了柑橘的橘色水果籃
“感覺似乎少了點什麼…?”正當我們這樣想時,發現這裡都沒有掛上醒目的公司招牌。
大きな倉庫の前に、みかん色の収穫コンテナが積まれている、ここが【株式会社NEIGHBORHOOD】。
「なにかが足りない気がする…」と思ったら、会社名の書かれた看板がないらしい。
根據田中先生的說法,他故意沒有掛招牌。這種想法來自於聽說”美國的子公司是在倉庫裡創業,沒有掛招牌的情況下快速成長”,這個故事應該正好很好的展現出​【NEIGHBORHOOD】和田中伸佳先生的獨特性。
田中さんによると、あえて看板を付けていないそうで、その発想は“アメリカの子会社は倉庫から起業し、看板をつける間もなく急成長する”という話を聞いたからだそうだ。その話が、正に【NEIGHBORHOOD】の個性を表しているように思う。

“美國的子公司是在倉庫裡創業,沒有掛招牌的情況下快速成長”

在聆聽他的故事同時,我們品嚐了柑橘和「新鮮柑橘汁(まる搾りみかんジュース)」。是的,非常美味!「新鮮柑橘汁」打破了以往對”柑橘汁”的概念,不只含有著清新的甜味還能嚐到細緻處理後的果肉,口感與味道讓人回味無窮。
「因為麻煩,所以大家都不願意做。但如果堅持完成了這個麻煩的過程,那就會變成特別的。」
話を聞きながら、みかんと「まる搾りみかんジュース」をいただいた。もちろん言うまでもなく、美味しい。「まる搾りみかんジュース」は、今までの“みかんジュース”の概念を覆してしまうような、さっぱりとした甘さと、丁寧に処理されたであろうプツプツした果肉の食感が、癖になるほど美味しい。
「面倒臭いから、みんながやらない。じゃあ面倒臭くてもその工程をクリアしたら、それは特別なものになる。」
重々分かってはいながらも、私たちはなかなかその面倒臭い、更にはリスクをも負うような選択を避けてしまう性である。
雖然我們明白這一點,但我們依然難以明白為何選擇採取這種麻煩、甚至還帶有風險的決定。
作為膽小的我們提出了各種問題,試圖引出田中先生對於採取這種大膽決策的想法。但結果無論我們以什麼角度提問,得到的答案都是一樣的。
そんな臆病者の私たちは、あれこれ質問を投げかけ、田中さんから「どうすればそんな大勝負に出る決心が付くのか」を引き出そうと試みた。が、結果、どんな角度から質問を投げても、返ってくる答えは同じだった。

「我從來沒想過如果失敗了該怎麼辦。失敗是成功的一部分,這種想法深植在我心中。」他以一種仿佛談論別人事情的語調說道。在稍作思考之後,他開始說出這個思維過程,顯示出他根本就沒有考慮過“如果失敗了該怎麼辦”

田中さんは、「失敗したらどうしようなんて考えた事ないなあ。失敗あっての成功だという考えが染み付いているからかなあ。」と、他人事のような口調でそう話す。少し考える間を開けてから話すその姿から、田中さんの脳内で自問自答が行われていることが窺える。
きっと、彼には「失敗したらどうしよう」なんて思考が、そもそも存在しないのだ。
右:田中伸佳さん,左:高峰由美さん
在旁邊,田中先生的妻子高峰小姐用溫柔的微笑注視著我們的對話。我不禁問道:「高峰女士,在田中先生作出大膽決策時,您是怎麼樣的心境呢?」
高峰女士仍然保持著柔和的微笑,回答說:「因為這是他想做的事情。」
 
隣では、田中さんの妻である高峰さんが、優しい笑みを浮かべて私たちの会話を見守っている。
私は思わず、「高峰さんは、田中さんが大勝負に出るとき、どのような心境でいるのですか?」と聞いた。
高峰さんは相変わらず優しい笑みで、「だって、彼がやりたいことだから、ね。」と答えたのだった。
點我分享:

推薦好物
  • 宜蘭小農友善薑黃粉
購物車